検索
  • 前田智宏

「いつかはクラウン」は終わってますよ

はい、評価制度構築屋の前田です。

懐かしいキャッチコピー、分かる人は50歳近いかもしれませんね。

このキャッチコピー、古い時代のトヨタ・クラウンのCMのフレーズなんですが、当時は無条件で

「そうだ!俺も頑張って働こう。」

と思えた時代なんです。

がむしゃらに働いて、あるいはコツコツ働いて50歳になる頃には、クラウンに乗れる日が来るのだと信じられた時代。

でも、時代は変わりました。

バブルもはじけたし。

がむしゃら、or コツコツ。

大切なことですが、それだけではクラウンに乗る身分にはなれない時代です。

「じゃあ、今の時代はなんなのさ?」

そうですね。

「自分で自分をとことん磨く時代」

ですね。

昔はどんどん仕事が来て、経験から多くのことを学べた時代でした。

いや、もちろん現代でも経験は大切なんですが、経験と同じくらい必要なのは「知恵」ですよ。

理論とか、知識といってもいいかもしれません。

「経験」だけから学んでいては間に合わない。

並行して「知恵」も必要です。

車の両輪です。

知識だけ、あるいは経験だけ。

それでは成長が遅い。

いつまでもクラウンには乗れません。

そりゃあ東大にでも入るような人は、頭の出来が違うので知識だけ、経験だけでも多くを学ぶのでしょうけど、私を含めて普通の人には、意識しないとできません。

でも今の時代には必要なこと。

お年寄りの言う

「コツコツと働いていれば、いつか…」

は、過ぎ去った時代のことです。

われわれ現役世代は、「コツコツ+学ぶ姿勢」 が欲しいところ。

学ぶと言っても、会社が受けろと言った研修とかじゃありませんよ。

そんなもの、他のみんなも受けるのだから何のアドバンテージにもなりません。(要らないわけではないですが)

それ以上のことを自分から学びに行きたいですね。

自分から学びに行く。

うん、これも 「やるやる詐欺」 になっていませんか?

いつかやる。

今度やる

明日の自分はがんばりますか?

今でしょ!!

株式会社チームグリーン 前田智宏




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (