検索
  • 前田智宏

「やってはいけない○○」は真に受けてはいけない

情報があふれる世の中、発信者も目を引く記事のタイトル作りに躍起です。

「絶対にやってはいけない○○」

「女性に言ってはいけない○○」

「~~したいなら、守るべき3つの原則」

たくさんありますねー。

記事を読ませる戦略としては私も理解していますが、ちょっと待ってください。

あらかじめ、行く道・選ぶべき道を教えてもらって楽しんで生きていけますか?

たとえ真実だとしても、失敗も含めて自分で経験するのって大切だと思うのですよ。

自分の人生、他人に指図されたくないですよね。

自分の道は、自分で歩きたい。何m先に石が落ちているとか、穴があるとか知りたくないんですよ。

成功する秘訣なども同じ。

私なら、自分で経験して掴みたい。

なぜなら、自分の経験こそが自分の真実となるから。

企業も同じです。

松下幸之助や稲盛和夫をいくら学んだところで、同じ会社で同じ経営はできません。

(学ぶことについては大賛成ですが)

成功も失敗も、自分の人生です。

仕事でも、私生活でも。

仕事の失敗は避けたい気持ちもよく理解できます。

しかし経営者としてはこう思うのです。

「失敗を心配するあまり動けないのなら、君は要らない。」

と。

学ぶとは、失敗から何かを掴むことです。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (