検索
  • 前田智宏

「部下」と「子分」は違いますよ~

さまざまな会社で「人」を見てきました。


ほとんどの方は上司や先輩をコピーし、我がものとして仕事の能力を高めていきます。

それは必ず必要な、素晴らしい経験です。


しかしよくあるのは 「上司の劣化コピー」や「子分」 が出来上がってしまうことです。


もちろん、まずは上司の行動を真似るのですから、一時的には当然あることです。

そこから自分のものとして消化し、理想的な自分を作りあげられたら良いですね。でもそのためには、経験を消化吸収するための「消化剤」が必要です。

胃腸の消化酵素みたいなイメージですね。その1つが「研修」だとお考えください。


記憶した上司の行動をコピーするだけで止まると、単なる「劣化コピー」「子分」になってしまいます。このパターンは、いつまで経っても「子分」のままですね。銭形平次の「八五郎〈通称:ハチ〉」です。

八五郎は何十年経ってもハチのまま…現代の会社では、経験を消化吸収して大きくなるための手段が研修です。

「子分」 の量産から 「部下」 の育成にシフトしていきましょう。


#仕事術#経営者#人材育成#研修

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (