検索
  • 前田智宏

【プランド・ハプンスタンス理論】


聞き慣れない言葉ですよね。

直訳すれば「計画された偶発性」なのですが、実はすべての人が生涯に何度も経験することなんです。


キャリアは偶然の出来事、予期せぬ出来事によって変化を続けます。良いことも、悪いことも含めて…。

私はキャリアコンサルタントでもありますが、その勉強の過程でプランド・ハプンスタンス理論を知りました。詳細はみなさん自身で調べていただくとして、要するに偶発的な出来事は避けられないので、それをチャンスに変えることが大切だというお話です。

もちろん、偶発的な出来事が自然に良い方向へ向かうことはあるでしょう。

しかしどう考えても良くないことが起きた場合、それをチャンスに変えるには、チカラが必要です


そのチカラとは、

① 好奇心 ② 持続性 ③ 楽観性 ④ 柔軟性 ⑤ リスクを取る姿勢


だと言われています。人生の中で、死別以外のことはすべて自分の糧になるものです。長い職業人としてのキャリアは、計画的に力を蓄え、偶発的な出来事を糧にして力強く進みたいものです。


株式会社チームグリーン 代表取締役 前田智宏


#キャリアコンサルタント#偶然の出来事#仕事術#クルンボルツ#人事制度#キャリアカウンセラー#キャリアカウンセリング#キャリア

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (