検索
  • 前田智宏

【人事】と書いて【ひとごと】と読む

このお題は、きっと誤解を受けますね。笑




「そうそう、人事課って冷たい奴が多いんだよなー。」


「まさに『他人事』だもんな。」


そのとおりです。

どんなに頼んでもダメと言い出したらダメだし、融通がきかないですよね。

それで良いんです。



人事課がアレコレと融通をきかせることは致命的です。

一人に例外を認めれば、他の社員にも認めざるを得なくなり

長期的には会社の体制崩壊に繋がります。


人事責任者はいつも考えています。

「それを社員全員に適用しても、将来も大丈夫なのか?」

と。


たとえ社長が融通を利かせることを認めても、それによる弊害までは

社長は面倒を見てくれませんよ。


私自身も

「そこまで言われるなら、『経営判断』ということで従います。」

と無理を通したこともありますが、結局はその後に予想した通りの

面倒な事態が発生しました。それも、何度もね。


経営者は、社員が可愛いことに間違いはありません。

しかし社員のことを思うあまり、判断を誤ることもあるのです。


人間だもの、仕方がありません。


しかし人事の皆さんは、常にクールな「ひとごと人事」でいてください。

感情に流されず、法律、就業規則、前例、適応範囲、未来への影響を

一瞬で判断し、ダメなものはダメと言い続けましょう。



そしていよいよ立場が危ないと心配になったら、もうあなたの出来る範囲を超えました。

「経営判断ということで、指示に従います。」

と念を押して、メモを記録として残し、融通を利かせてしまいましょう。


熱いハートとクールな頭脳が人事の本分です。



そのために人事のプロとして存在するのです。

「役員の言うことだから」

と黙って従うのなら、ただの書類作成屋であって人事ではありません。


冷徹と言われても、堂々と

「ああ、『人事』と書いて『ひとごと』と読むんだ。」

を押し通せばいいんです。


人事パーソンは会社を守る存在であり続けて欲しいと切に願っています。


株式会社チームグリーン 前田智宏


#経営者 #社長 #人事課 #ビジネスマン #人事 #仕事術 #経営判断 #ひとごと

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (