検索
  • 前田智宏

【仕事術…かな?】ノートの利点

電子機器が本当に便利になりましたね

私もスケジュールはスマホとPCをアプリで連携して使っています。


ただし、仕事の途中経過や考える案件は紙のA4ノートを使い続けています。

なぜなら、一覧性があるから。

ノートをパラパラとめくるだけで、単なる記録ではなく思考や、その時の感情までもが思い起こせるのです。

そして追記も簡単。起動も必要なし。もちろん電源も不要。色を使い分ければ重ね書きも簡単。他人と同じ紙面を見ながらの打合せや互いの書き込みも簡単。


とても便利で、正式な書類にする前の熟考には欠かせないツールなのです。


電子ツールの利便性も理解していますし、特に時間や場所を選ばない特性はかなり便利で、私もありがたく使っています。

それでも紙ノートから離れられない。数百円のノートが神すぎるのです。


不思議なことですが、私の場合は画面で見るより紙で見たほうがなぜか記憶に残ります。(私の周囲にも同様の声が多いです)

記憶に残り、自由度が高いツールとしてのノート。小学生の頃からもう45年以上使っているわけですね。


これだけ発達した電子機器でさえ、紙のノートの利便性を目指して開発しているようで、私から見ると発展途上です。

スーパーの文具売り場に行くと、ついノート売り場で足を止めてしまうのは私だけではないはず。不思議ですね。紙のノート、もう一度見直してみませんか?※筆記具のこだわりも少しありますが、またいずれ記事にしたいと思います。


#仕事術#ノート#電子機器

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (