検索
  • 前田智宏

【学生さん向け】「事務職を希望します」はヤバい

私の読者に学生さんは少ないと思いますが、元・人事部長として小さなアドバイスを書いておきます。



職種の希望を言うのは当然なので構いませんが、面接で

「いろいろな企業に 『事務職』 で応募しています。」

と言われると、私はかなり盛り下がったものでした。

(そうか、キミは事務職で採用されれば、どこでも良いんだ)

とも思うし

(簡単で補助的な事務職くらいにしか使えない、能力の低い人かも)

という疑いの心が芽生えるのです。


最初からマイナスでスタートする面接は、できれば避けたいものですよね。

面接官との話の流れで、適性や持ち味の活用、あるいは能力などのアピールができてから、「以上のような理由で、私は事務職を希望します。」ならば、まったく問題はないのですが、(事務職であればどこでもいい)(営業はイヤ)(対人関係がうまくいかないから、事務なら…)


直接こんなことを言う学生さんはいませんが、経験豊かな面接官は必ず見抜きます。

たとえ事務職の募集であったとしても、

「かろうじて事務なら出来るかもしれない、能力の低い人」

「事務職も十分にこなせる、いろいろな能力の高い人」

の差は歴然としています。当然ながら企業は能力の高い人を採用したいので「事務職がかろうじてできるかも知れない」程度の人は、有能な人と比較されたら不採用です。


そうならぬよう、特に「事務職希望」の方は、面接で上手く自分の価値を高める話法を磨いてください。

能力の磨き方などは書店で無数に本が手に入りますので、まず何かを始めるなり、大学のキャリアセンターなどで相談してみてくださいね。


※当社には学生さん向けのコンテンツはありますが、大学などでの講演用ですので、個人のご相談は原則としてお受けしておりません


株式会社チームグリーン 前田

#キャリアセンター#面接官#不採用#人事部長#話法#人事#事務職#就活#人事課

1回の閲覧0件のコメント

© 2018 by 株式会社チームグリーン