検索
  • 前田智宏

【新しい人事制度】の秘密

今回は、新しい人事制度のお話です。


この10年、会社経営者からよく聞く言葉があります。

それは…

「最近の社員は、貪欲さがない」

「頑張ってのし上がろう、良い給料をもらおう、という気迫がない」

という類の言葉です。


でも、そんなの実は20年も前からの現象なんですよ。


まだマイナーな存在だったから気が付かなかっただけです。

考えても見てください。目の前に人参をぶら下げても、お腹いっぱいの馬が全力で走るでしょうか?走りませんよね。そう、彼らはそもそも空腹ではないのです。


だからエサをぶら下げても全力で走るなんてことは無い。すでに多くの社員が 「足りない時代」 を知りません。(私も知りません(汗) )今の40代未満の社員が本当は何を求めているのか。本当に欲しいものはなにか。それらを知らずして、人事制度は作れません。

「足りない時代」が前提の人事制度はもう機能しません。

そろそろ新しい時代の人事制度に作り変えましょう。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (