検索
  • 前田智宏

いつまでシロートでいるつもり?

おはようございます。

さて今回は「いつまでシロートでいるつもり?」というお題です。

経営、IT、会計、あるいはその他の専門分野でも構いませんが、

あなたの専門分野はなんですか?

ここで言う専門分野とは、

「他人に自信を持って教えられる分野」

です。

慣れた仕事だから「専門分野」と言う意味ではありません。

ただ慣れただけの仕事は、担当分野です。

いろんなことを経験し、知識も増え、少しくらい後輩に教えることだってできる。

しかし、その分野の研修講師が自信を持ってできますか?(ここがポイントです)

「担当分野」を「専門分野」に変えるには、どうすればよいのでしょう?

もちろん勉強するしか無いのですが、ひとつの目安があります。

その分野の本を300冊読む

これで専門家だと自信を持って名乗れるレベルになります。

本以外の勉強でももちろん構いませんが、自分の経験が本の300冊に相当するのか?

そう考えれば、判断材料の一つにはなりますね。

いつまでも学ぶ側ではつまらない。

いつか教える側に。

いつか…っていつですか?

どうやったら「いつか」が来ますか?

素人からプロになる方法は?

そう、それが「本300冊」なんです。

今回はかなり重要に事を書きましたよ。

すぐにあなたの専門分野の本をAmazonで検索して、何冊か注文してくださいね。

数年後にはプロになった自分と会えるはずです。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (