検索
  • 前田智宏

おおきなヒヨコ

おはようございます!

月曜日の朝ですね。(^^)

さて月曜日の朝ですから、少しノンビリと始めてみましょう。

「大きなヒヨコ」

ってご存知ですか?

ヒヨコは・・・え?大きくなったらニワトリになるでしょう?

そうです。

黄色くて、手の平の上でピヨピヨ鳴いているヒヨコは、いずれ鶏冠が出て大きなニワトリになりますよね。

ビジネスマンも同じです。

ある時、自分の姿を見る機会を得て、頭の良い人は

「ハッ!」

と気づくのです。

学生時代の延長でいまを生きているのではないかと。

気が付けばシメたもの。

その瞬間から、学生→社会人 への脱皮が始まります。意識するだけですから簡単です。

ニワトリになるキッカケですね。

ところが、自分の姿を見てもスルーしてしまう人が一定の割合で存在します。

その場合は、なかなかニワトリになれません。

つまり大きなヒヨコになってしまうのです。

いつまでたっても卵が産めない(仕事の成果を出せない)

いつまで待ってもコケコッコーが言えない(発信できない)

自分の姿に気付くかどうかだけのことですが、これは

「あらゆる情報にアンテナを張っているか」

なんです。

同じ情報を見て、何も感じない人と、何かを感じて動き始める人がいます。

何も感じなければ大きなヒヨコ。

何かを感じれば成長してニワトリになれるんです。

「ありのままの自分」と「成長しない自分」を混同する人もいますが、ここは別物ですからね。(^^)

さ、月曜日の通勤電車でこの記事を見たあなた。

まずはスマホから目を上げて、吊り広告を眺めてみましょう。

いろんな情報がちりばめられていますよ。

そこから何を感じますか?




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (