検索
  • 前田智宏

この人、要る?

こんにちは。

株式会社チームグリーン 前田智宏です。

さて今回のお話は、社員の取捨選択についてです。

結論から言いましょうね。

考える社員は大切にしましょう。

足踏みをしたい無害な社員はそっとしておきましょう。

仕事ができないのにアピールしたい社員と

口がうまいだけの社員は、要らない人として扱いましょう。

これだけです。

でも実際には、いろんなフィルターを通して人材を見るので、判断が鈍ります。

過去、頑張っていた

大手企業から転職してきた

○○さんの紹介で入社した

よく社長とゴルフに行って仲が良い

どれも、「今」を正しく見るには外さなければならないフィルターです。

このフィルターを外して社員を見ないと

「仕事をしないのに高い地位と給与をもらう人たち」

が増え、若い人たちの退職が増えます。

さて、「要らない人」として判断したら、どうすればよいのでしょう?

遠慮なく退職に向けて面談を開始してください。

「要らない人」

は会社の害になるから要らないのです。

仕事ができないけどアピールする人

 →仕事をしているフリをして会社から給与を騙し取りたい人

口がうまいだけの人

 →仕事が進んでいるかのような錯覚を周囲に与え、会社に損害を与える人

言い方一つですが、悪く言えばそういうことです。

※もちろん、退職に向けた面談と言っても、いきなり解雇はできませんから順を追ってくださいね

人を見る、人を評価するというのは、やり遂げた仕事の本質を見なければなりません。

性格の明るさ、雰囲気、過去の栄光、仲の良し悪しなど多くのフィルターを外すことは、なかなか難しいのですが、やり遂げた仕事を列挙するだけなら簡単ですね。

そう、その並んだ項目が、本当のその人の価値です。

過去の栄光は、その時の給与やボーナスで報いています。

未来までずっと、働きに見合わない給与を払う必要はありません。

人を「ゼロベース」で見る。

なかなかおもしろい作業ですよ。

人事責任者、経営者の方はぜひトライしてください。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (