検索
  • 前田智宏

なんでもできる良い子になれるもんか!

株式会社チームグリーン 前田です。

若者向けの研修をするとき、毎回のように言う言葉があるんです。

たった一言

「富士山は、目指した者だけが到達できる」

え?

これだけ?

そう、これだけです。

「ブラブラと散歩していたら、いつの間にか富士山の頂上にいた」

なんてことは、絶対にないわけですよ。

ブラブラと散歩をしているのか、目的地を明確にして歩いているのかの違いです。

これがキャリアを大きく分けます。

つまり

ブラブラと散歩をしている=会社に言われるまま過ごす

目的地を明確にして歩いているのか=自分のなりたい姿を明確にイメージしている

この違いですね。

こう言うと、

「それは分かっているけど、現実には・・・」

と言われる方もいるでしょう。

ええ、分かっていますとも。

私もそう思っていましたしね。

じゃ、美味しい話をもう一つ。

「必死の努力は不要です。」

どうですか?

美味しい話ではありませんか。

自分のなりたい姿を明確にイメージするけれど、そのための必死の努力は不要なんて、素敵ですよね。

でも真実です。

資格の取得ならそれなりに勉強は必要ですが、自分のキャリアを実現する程度なら、そんなにシャカリキになって頑張る必要はありません。

なぜなら、脳が勝手に必要な情報を集めてくれるからです。

その結果、必要な情報が蓄積され、結果として自分のなりたい姿に近づいていきます。

自動的に、です。

すごいと思いません?

私はこの方法で、自分のキャリアを実現してきました。

この話は、詳細を書くと長くなりますのでこれくらいにしておきますが、ホントですからね。

まずは理論を知るよりも、やってみてください。

自分のなりたい姿を明確にイメージすることだけですから。

チョー具体的にですよ。

(引き寄せの法則なんて言われるものに近いですが、実はもうちょい科学的なことです)

さて、イメージできましたか?




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (