検索
  • 前田智宏

まだ「人柄」で決めますか?

おはようございます。

株式会社チームグリーンの前田智宏です。

さてさて、人事部長や役員の皆さん、昇進の決め手って何ですか?

経験年数、勤務態度、成績、革新性、リーダーシップ・・・

さまざまな要素があって、中小企業ではなんとなく合意ができて昇進させているケースも多いのではないでしょうか?

それはそれで構わないのですが、実は「人柄」がたいへん大きなポイントになっているケースをしばしば目にします。

私自身も企業の人事責任者時代に多く目にしました。

その一方で「人柄」を評価されて役職についた人が、実際には全くの力不足であったケースも多く見てきました。

他人とうまく付き合う、慕われる、雰囲気が良くなる。

人柄が良いタイプにはそんな特長があって、なかなか魅力的ですよね。大切な能力の一つです。

し・か・し!!

今回のコロナウイルス騒ぎでテレワークが一般化しつつある中、「人柄」の重要性が極端に下がりつつあるのです。

・社員が毎日は会社に行かない。

・テレワークで顔を合わせる機会が減った

・仕事は成果物で評価する

・職場の雰囲気というものが消滅する

などは一例ですが、もっとさまざまな変化が出ています。

そうするとですよ、ムードメーカーも価値が無くなり、いわゆる「人柄」を武器にして仕事をしていた人たちは、武器を失うわけです。

しかし「人柄」は非常に強い武器でしたから、人によってはそれ以外の武器(ビジネスツール)の習得を怠ってきた人もいるのです。すると「人柄」が無効化されてしまった組織においては「成果物」を出せたかどうかがポイントになるわけですが…

そういうことです。

これは本人の責任というよりは、「人柄の過大評価」をしていた企業の責任ですね。

だれからも好かれるような人は仕事ができるように「見える」

しかし実際の働きを見てみると、マネジメント手法も知らず大した成果も出ないとか、危機管理能力がない、スピード感がないなど問題が多いケースもありうるのです。

テレワーク(リモートワーク)が定着しつつある今、昇進の基準をもう一度決め直す必要があります。

対面が原則の職場から、顔を合わせない職場に変わるのですから「人柄偏重」の登用は危険だと申し上げておきます。

ちょうどいま、マネージャーであるための武器が大きく変わった瞬間です。

人柄よりも実力、成果物、経験と豊富な知識の時代になりました。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (