検索
  • 前田智宏

クビにはしないけれど

株式会社チームグリーン 前田智宏です。

本日のお題は、

「クビにはしないけれど」

です。

はい、悪いことをするわけではないので解雇はできないし、ある程度のことはできるお荷物社員っていませんか?

私も、長年人事をしていましたが、たまーにこのタイプの人に出会います。

いわゆる「成長しない人」ですね。

いつまでも現状を守りたがって、

「前進は悪だ」

と言わんばかりに、何も進もうとせず、変化してゆく周囲の悪口ばかり言うような人です。

でも、懲戒解雇にするほど悪いこともしない。

人並み外れて成長しないだけです。

でも定期昇給で給与だけは上がっていき、若い頃は良いのですが、40歳を超える頃から給与と働きのバランスが悪くなります。

さて、どうしましょうか。

昇給をストップできる人事制度を入れてください。

進歩がない人には、給与を上げる意味がありません。

「いや、うちは年功序列で給与も上がるから・・・」

わかります。

すごーく分かります。

御社が成長中の会社なら、それで構いません。

でも、ある程度成長が落ち着き、場合によっては将来は下降線になることが予想されるなら、できない社員の給与は、

「上る前に昇給を止める」

としないと、将来の財務に悪影響を及ぼしますよ。

かんたんなことです。

働きに見合う給与を払う仕組みに変更してください。

そして、抑制した昇給原資を、良い働きをする社員の昇給に回せばよいのです。

だたそれは、おそらく社内の作業ではできません。

外部のコンサルが入り込んで仕組みを作らないと、コンプライアンスに抵触する可能性や、仕組みを変える「さじ加減」がわからず、頓挫する例をたくさん見てきました。

大丈夫です。

多くの企業で、そのような仕組みは導入済みで、ノウハウは蓄積されています。

当社でも、ご依頼のうち半数は上記のような案件です。

貢献度に見合う給与の仕組みに変更し、上げるべき人は給与を上げ、昇給をストップすべき人はストップする仕組みを導入すると、毎年の昇給額総額は変更せずに、うまく作れます。

株式会社チームグリーン 前田智宏




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (