検索
  • 前田智宏

コロナ後の評価制度に必要なこと

コロナウイルス騒ぎが収まった後、働き方改革が勝手に進んでいる状況に経営者も人事責任者の皆さんも驚くことでしょう。

労働時間の短縮などは過ぎ去った話となり、在宅勤務が珍しくなくなります。

これによって変えなければならないのが評価制度です。

まず働き方の変わる点から列記しましょう。

① 在宅勤務が定着する

② コミュニケーション重視の仕事が減る(しにくくなる)

③ 複数の仕事を持つ人が激増する

④ 成果物での評価志向が高まる

簡単に思い浮かび、すぐに現実化するのはこれらでしょうか。

そもそも在宅勤務の評価って、一部のクリエイティブな仕事やIT関係の仕事でなければ、それほど多くありませんでしたよね。

しかしコロナ後は確実に在宅勤務者が増加しますから、在宅勤務の評価方法をキチンと変えなければなりません。

また、兼業・副業は解禁する必要があるでしょう。

規則で禁止しようが、実際には可能だし、禁止することの必要性がありません。

機密保持が目的ならば、きちんと社員と機密保持契約を結べば良いことですし、労働時間管理はもう本人に任せるしかありません。(管理方法はいくらでもありますが)

いちばん大切なことは

時間を評価することは不可能になる

ということです。

会社に8時間居ることで、何も成果がなくても労働しているとみなされる時代が終わります。

では何で評価するのか?

それは成果物ですよ。

何を持って成果物というのかは仕事によって変わりますし、評価基準も作る必要があります。

(このノウハウは、当社にご相談を)

ともあれ、コロナが収まった後の労働環境は激変しています。

あらかじめ、経営者の皆さん or 人事責任者の皆さんは備えておく必要がありますよ。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (