検索
  • 前田智宏

スケジュール帳は電子化しています




電子データか紙データか。

意見の分かれるところですね。(結局、好みの問題ですが)


私は基本的に自分の仕事ノートは紙のノートです。

理由は簡単。


・紙の方が記憶に残りやすいから。

・クライアント様の前で触っていても、遊んでいるように見えないから。

  (↑けっこう大切。笑)

・ノートPCだと、すこし起動に時間がかかるのと、相手と一緒に画面を見たり

図を入れて説明したいときなどに手間がかかるから。


だからA4の方眼リングノートを横にして使っているのは以前にお話したとおりです。


た・だ・し!


実は、スケジュールだけは電子化しています。

自宅のデスクトップPCでも、仕事用のモバイルPCでもスマホでも、はたまたiPadでも同じ画面を見ることができて、なんなら出先でホテルのPCからもアクセスできるからです。

(仕事で使う電子ファイル類も同じ理由でクラウド化しています)



もちろん紙の「手帳」を持ち歩けば済む話なんですが、よく忘れるんですよ。

その点、スマホは間違いなく持ち歩くので、スマホにすべて管理機能を任せたほうが間違いないんです。(私の場合は)


じゃ、メモやノートも電子化すれば?


と考えて、iPadに手書きのアプリも入れたのですが、どうにも使いづらい。

そして、iPadは紙のノートより重いし、画面が曲がらないのでカバンの中で画面が割れたりしないか不安。

もそも紙のノートより画面が小さくて…合いませんでした。


そんなわけで、自分の仕事は紙ノートがメインですが、スケジュールだけはスマホで管理しています。



分厚いシステム手帳とか、さっとポケットから手帳を取り出して予定を確認するカッコいい姿に憧れはあるんですけどね。


だからこの季節になると、買わないのに手帳売り場を見て回ってしまうのでしょう。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示