検索
  • 前田智宏

ビジネスパーソンはバーにいる

緊急事態宣言の中、飲食店でお酒を頂く機会がなくなりましたね。

そんな中ですが、あえてビジネスパーソンの居場所をお伝えしましょう。

さて、皆さんは「バー」と言うと、お酒を楽しむ場所と思いますよね。

もちろん正解。

でも、実際にはノンアルコールのカクテルを用意しているお店も多く、お酒を飲まない人でも気軽に楽しめることが多いんですよ。

ですから今回のお話は、お酒を飲む・飲まないに関係なく読んでいただけます。

さ、ようやく本題。

バーという場所、私もよく使います。

実際には誰かと行くよりは、ほとんど一人で行っています。

「え?一人で行くの?寂しくない?」

よく聞かれます。

実は寂しくありません。

(ワイワイと楽しみたい時なら、居酒屋がいいでしょうね)

なぜなら、バーだと良いお酒もあり、良い音楽もあり、静か。

お酒をよく知らなければバーテンダーに聞くもよし、あえて聞かずに見かけたきれいな瓶を指差して、バーテンダーのおすすめの飲み方で出してもらうという冒険も面白い。

しずかに自分だけの時間を贅沢に味わえます。

考えることは、今日の失態もあれば、楽しい計画でも、昨日読んだ本のこと、あるいはバーに入る前に文具店で買ったペンを眺めたり、その日の気分をバーテンダーに伝え、それに合うお酒を出してもらったり。

ビジネスパーソンって、いつも誰かと話をしていると思われるかもしれませんが、それもしっかりとした自分があってのこと。

自分が何者で、何が好きで、あるいはどんな理想の姿なのかは、優秀なビジネスパーソンは常に考えています。

これは他人との会話ではなく、自分を知ることから始まります。

どんなシチュエーションで、どんな言葉が自分から出てくるのか。

どんな気分の時に、何を飲みたくなるのか。

少し酔った時の、自分の本当の姿はどんな様子だろう。

バーの主人公は、あなた自身です。

マナーに反したり、迷惑をかけるような行為でなければ、何をしていても問題ありません。

すると、自分が見える。

有りたい姿も、自分がどう振る舞うのかも、一人舞台に立っているようなものですから、すごく分かる。

多忙な日々の中で、同じバーに通い、バーという鏡の中の自分を見つめる。

だから、できる奴は居酒屋ではなくバーにいます。

良い環境は、良いビジネスパーソンを作る。

良いバーは、良いビジネスパーソンを育てる。

良い客層は、あなたを良いオーラで染め上げる。

そこでお酒の力を借りるか、ノンアルコールのカクテルにするかはご自由に。

自分がどんな雰囲気を身につけるのかも、重要なビジネスのノウハウです。

しかも教えることは難しく、自分の雰囲気が変わるまで、長期間掛かります。

根気とお金が要りますが、しかし確実な成長方法ののひとつです。

さ、コロナがおさまったら、良いバーに向かいましょ。

株式会社チームグリーン 前田智宏



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (