検索
  • 前田智宏

ビジネスマンの冬休みの使いかた

皆さんは仕事納め、済みましたか?

久しぶりの長期休暇ですね。

さて、冬休みにもたくさん本を読んだり、来年一年の計画を立てたり

溜まった書類を片付けたり…ワクワクしながらも、

意識高い系のことをしたくなりますよね。

でも、私から提案させてください。

年末年始の休暇は、たった1つだけのことをすれば十分です。

それは

仕事始めに取り組むことの一覧表を書くだけ。

もちろん年間の予定などは不要です。

せいぜい、長くても1月いっぱいの予定を立てるだけ。

いかがですか?

1時間もあれば十分にできそうですね。

身をもって体験している人が多いと思いますが、たくさんの時間があるときは

それなりにゆったりした時間を過ごしてしまうので、アレコレしたくても

できません。

もちろん、できる人は大丈夫。

いろいろ取り組んでもいっこうに構いません。

でも、私はたくさんの時間があると、つい時間を贅沢に消費してしまうのです。

(一般に言う、『浪費』ですね)

ですから、そんな贅沢ができるときには、それを思い切り堪能しましょう。

なにも焦る必要はありません。

世の中、年末年始の間に大きく変わることはありません。

ただ、仕事初めの日から全力で動けるよう、スタートダッシュのための予定表づくりだけをしておけばよいのです。

取り組みたいことも、手帳やノートに具体的に書いて完了にしましょう。

私?

少しだけ仕事の残りを片付けますが、オフィスの整理と片付け、掃除をして

1月の計画を少し作って終わりです。

仕事のスタートからダッシュできるよう準備するだけです。

忙しいときほど、スピード感を持って物事が進みます。

考えることも、本を読むことも同様です。

時間があるときほど、ゆっくりとしか進めません。

そんな時には、脳の回転を落として休息しましょう。

いくら仕事が楽しくても、ね。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (