検索
  • 前田智宏

リストラは、歳に価格をつけたから

はい、株式会社チームグリーンの前田です。

今回も刺激的なタイトルですねー。

人手不足が深刻化する一方で、大手企業はリストラをガンガンやっていますね。

でも中小企業のリストラがニュースになることは少ないものです。

なぜか?

もちろんニュース性の高さ、知名度の違いもありますが

実は中小企業ではリストラの必要性が薄いのです。

古くからある大企業の多くは、年齢を重ねるにしたがって、高い給与になるよう給与制度が設計されています。

そうすると、(人によっては) 果たしている役割よりも給与のほうが高くなる時期が来て、

「採算の合わない社員」

になってしまうのです。

中小企業では、それほど多額の給与になりにくく、仕事と給与の逆転が起きにくいためにリストラの必要性が薄まるのです。

異論もあるでしょう。

「若い時に薄給で頑張り、歳を取ってからはラクをして高給をもらう」

という、日本型の人事制度が崩壊してしまうのですから。

でも現実です。

これからの時代は

✕「年齢に値段をつける」

のではなく

○「仕事に値段をつける」

という時代です。

そうしないと企業の存続が危ないのです。

経営者、あるいは人事の皆さん、こういう制度の導入は、必要があれば早めにご相談ください。

ただし、ある日突然に「要らない人認定」された社員は悲劇です。

何年もかけて、社員の意識改革に取り組むのが先決ですよ。

「年齢ではなく、果たす役割に給与をつける」

のだと。

株式会社チームグリーン 前田




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (