検索
  • 前田智宏

人事課、いつ作る?

おはようございます!(^^)

株式会社チームグリーン 前田智宏です。

朝にふさわしく、社内で人事課を創設するタイミングについてお話しましょう。

よほどスタートから大人数でない限り、最初から人事課を置くことはありません。

まずは経理、次に総務。

そんな順序のことが多いです。

給与や社会保険の計算については、社労士さんにも頼めるし、経理の人がついでに担当したりしていますものね。

でも経営者は、本当は人事課を作りたいことが多いのです。

将来を考え、評価制度を運用し、就業規則もチェックし、将来は新卒も採用したい。

でも人数的に、人事課を作るのは早いかな…

そんな感じで10年、20年と経過するうちに社員も増えて、専任の人事課が必要になってきます。

なぜなら、人事戦略を考える必要が出てくるから。

勘違いしがちなのは、給与計算や社会保険の手続きに、人手が足りないから人事課を作るという流れではないことです。

給与計算や社会保険手続きなど、社労士事務所や給与計算の業者に任せてしまえばよろしい。

たとえ社員が1,000人になろうとも。

労務管理も、しっかりした社労士さんに指導を受け、その通りにすれば大丈夫です。

その意味では、人事課は不要です。

しかし、最低でも社員数が100人を超える辺りから、会社の将来を考え、10年先を予想しながら動く人材が必要です。

いままでは社長、あなたがそれをしていました。

もちろん今後もそうなのですが、人件費率、労働分配率などから長期の人材戦略を練り、社員の育成計画を立て、それを実施する。

あるいは新卒採用も求人媒体を使いこなし、面接のセッティングから内定式、入社式まで面倒を見て、内定者のフォローも行うなんて、ちょっとムリですね。

もしこれから人事課を作るのならば、事務手続きだけを担当する人事課は作らないでください。

外注がいくらでも可能な時代ですから、社内でこなす必要はありません。

これから作るのならば、

「戦略人事」(呼称はなんでも良いのですが)

ですよ。

会社の将来を人事面から考える部署を作ってください。

え?

社内に適した人材がいない?

そりゃそうでしょう。

そんな難しい仕事、いきなり任されても誰にも出来ません。

レベルの高い経験者が必要です。

中途採用で探すのもアリですが、たぶん無理です。

人事経験者は星の数ほどいますが、戦略人事が務まる人は、その5%もいるかどうか…

もし見つかっても、そんな経験者は高額の報酬が必要です。

それくらいなら、顧問を探してはどうですか?

「顧問紹介」で検索すると、いくつも会社が出てきます。

専門家を1-2年契約して週一くらいで来てもらい、社内の人を育ててもらえば良いのです。

もちろん当社でも、顧問のご要望も承っております。

というか、人事課の立ち上げや戦略人事の育成は、当社が最も得意とする分野なんですよ、実は。(^^)

あなたのお悩み、聞かせてください。

株式会社チームグリーン 前田智宏




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (