検索
  • 前田智宏

代理戦争に乗せられてはいけない

悲しい事に、力が無く人間的に小さな人ほどこういう手を使います。


「部長、Aさんが部長のことを、こんな風に言ってましたよ。」


聴く側も人間ですから、心穏やかではないし、Aさんの事を嫌いになる事でしょう。


しかし、少し待ってください。


実は告げ口のような事を言った人間が真実を語ったとは限りません。


その人自身がAさんを嫌いで、自分では手も足も出ないので、上司を使って攻撃させようとしているケースもあるからです。


いや、実際にありました。


何度かそういうことがあって、本当の事がだんだん分かるにつれ、

「そうか、奴の代理戦争に乗せられてるだけか。」

と気づいたのです。


私の機嫌をとるどころか、周囲や私にバレて信頼を失い、昇進も無くなり、誰にもまともに相手にされなくなり…


私も早く気づけばよかったのですが、まさか大人になってからそんな幼稚な事をする奴が存在するとも思わず、発見が遅れたのは恥ずかしい限りです。


私は彼を救うことはできませんでした。

ビジネス能力を高めて、くだらない策略を考える必要が無いようにしようと思ったのですけどね。


まあ、基本的に小者は放っておけば良いのですが、相手にされないと分かると、別の人に同じ事を仕掛け始めるので厄介なのです。


誰のプラスにもならない事を何故するのか。


自分を見て欲しいのでしょう。


見て欲しいのなら、仕事で成果を出さんかい!


と思うのですが…


どんな組織にも、こういうタイプはいますからご注意を。(^^)


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (