検索
  • 前田智宏

会社の危機 ③ 末期に起きること

会社の危機 最終回です。



私は人事コンサルになる前にも、人事部門の責任者としていくつもの企業を見てきました。

その中で

「一番やばいパターン」

が掴めました。それは…


・人は勝手に育つ。育った中から管理職や役員が生まれれば良い

・社員は言われたとおりに動けば良い

・経営理念がない。または、あっても浸透していない

・管理部門がブレーキになる

・新たな決め事は、適当に受け流す


こんな条件が揃うと、会社の力が無くなってきます。


もちろん商品が良い、情勢が良いなどに助けられて、会社は順調なことも多いでしょう。

しかし、いつか風向きは変わります。

逆風が吹いても力強くすすめるかどうかが重要で、社員の力次第なのです。


・営業が単なる御用聞きになり、新規開拓はない

・社長は経営に興味がない

・会社方針は形だけで、それに基づいた判断はない

・新しい試みは、だいたい総務や人事が(できない理由)を出してくる

・ISOなどの規格が絶対で、足かせになっても変えない


現象としてはこんなことから始まりますが、こうなるともう社内の人では状況は変えられません。逆風が吹くと、一瞬で会社が危機に陥ります。


外部コンサルタントの力が必要になります。

売上の増加や減少は、コントロールできない部分もあります。

しかし、「社員(人材)」 の育成は完全に自社のコントロール下にありますね。


社内で改革できる力があるうちに、改革できる人材が社内にいるうちに

“前進力”

をつけておきたいものです。


株式会社チームグリーン 前田智宏



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示