検索
  • 前田智宏

低評価を受けたら辞めていい

あなたは会社で低評価、どうします?

我慢します?

抗議します?

周囲に不満を話します?

うーん、そもそも低い評価しか得られない職場は、あなたに合っていないんじゃないですか?

だったら、もっと活躍できる場に移ってはどうですか?

私は本気でそう思っています。

「それができるなら、やってるよ!」

「無責任なことを言うな!」

お叱りがたくさん来そうですね。

でも、あなたの能力をいくらで買うかは、会社の自由なんです。(最低賃金は別として)

どう評価するかも、会社の自由です。

もちろん、あなたにも自由はありますよ。

職業選択の自由もあるし、一社としか労働契約を結んではいけないという法律もありません。

あなたの能力を、どこに、いくらで売るかはあなたの自由です。

売るべき能力はなんですか?

売れる能力を身につけていますか?

問題はそこです。

売る能力を準備せずに、

「高く買ってもらえない」

と嘆くのは、道理が通りません。

自分の評価が低いと感じたら、遠慮なく会社を辞めていい。

でも、他社で通用する能力を身につけてからですよ?

もちろん企業側も、低評価を付け続けるということは、その社員がいずれ退職することを覚悟しなければいけません。

それ以前に、高評価を得る人材に育成することも必要です。

人の育成、評価、給与。

全て一体なんです。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (