検索
  • 前田智宏

初詣の効能

あけましておめでとうございます

2020年元旦です

本年もよろしくお願いいたします

さて、元旦には神社にお参りに行かれる方も多いと思います。

神様にご挨拶をする際、ついでに何かお願い事をすることが多いですよね。

家族の健康だったり、学業成就、あるいは商売繁盛とか。

実は初詣、かなり願い事が叶う効果が高いんです。

神様が願いを叶えてくれるのかどうかは、私の想像の及ぶところではありません。

しかし、神様の前で口から出てくる言葉は、本心から自分が願っていること。

それを口に出したり思ったりすることで、自分の脳に願望が認識されます

するとどうなるか。

脳が勝手に情報処理を始めます。

目や耳から入る膨大な情報の中から、必要なことを抽出して記憶にとどめ

集まった情報を処理して自分の行動を変えていきます。

結果として目標に近づいていく。

脳は自己実現をするための臓器です。

自分がなりたい姿に近づけてくれるのです。

だから、初詣で神様にお願いをするという行為は、自分自身の脳に

「欲しい結果を最初にインプットする行為」

なのです。

いわばスイッチのようなものですね。

これを使わない手はありません。

私ももちろん初詣に行き、ご祈祷を受けてきます。

一年の始まりに、まずは自分のなりたい姿を脳にインプットし

情報処理の開始スイッチを入れてやるわけですね。

もしも願い事をするのなら、詳細かつ具体的に思い描いてください。

家を建てたいなら、ドアや玄関の色使いまで。

合格祈願なら、その合格発表の様子や自分の着ている服、誰と一緒か。

商売繁盛なら、誰からいくらの受注が何月ごろにあるのかまで。

とにかく詳細に思い浮かべることがポイントです。

え?

信じられない?

でも、信じても何も損はないですから、自己実現の第一歩としてやってみましょう。

なりたい姿、ありたい姿を思い浮かべるだけの、一番簡単な方法です。

仕事でも使える方法ですから、ぜひお試しください。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (