検索
  • 前田智宏

勉強するなら判例集

人事課の人、あるいは人事関連の方から、こんな質問をよく聞きます。

「人事を勉強したいのですが、どうすればよいですか?」

と。

まず、手続き関係を知りたいのならば、インターネットの情報で十分です。

給与計算の方法も同様です。

でも私のところに来られる人事関係者様は、そこが知りたいのではありません。

人事のプロになりたい方たちです。

次々に湧き出るかのような問題をスイスイと解決するだけでなく、会社が目指すものを実現し、あるいはコンサルを目指す方もいらっしゃいます。

そのような方が学ぶのなら、騙されたと思って次の方法を取ってください。

① 労務の基礎が書いてある本か、社労士受験用テキストをさらっと眺める。

 →体系的に説明をしていることが多いので、便利です。

  ただし暗記などは必要ありません。サラッと目を通すだけで十分です。

② 労働関連の判例集を買う

 →しっかり読んでくださいね。

  実際の事件と判決、その理由や解説が書いてあるので

  すんなり頭に残ると思います

③ 実務で実践し、経験し、苦しむ

 →このプロセスが抜けると、うすーい感じの人材になります。

   短期離職を繰り返しても絶対に身につきません。

   可能なら会社の中枢になる経験をできたら最高ですね。

重視したいのは、

② 労働関連の判例集を買う。

③ 実務で実践し、経験し、苦しむ

の2つです。

法律は骨格を決めただけで、実際の判断目安や論理的組み立ては、判例だよりなのです。

分厚い法律書を暗記するよりも、実戦で使えるのは判例集だと思ってください。

また、実務経験は必須です。

それも、人事課の平社員ではなく、最低でも人事課長クラスを5年以上。

なぜ?

それは、

管理職と一般社員では、

入ってくる情報量が格段に異なる

からです。

管理職でも上に行くほど、別物の濃い情報が入ってきます。

それを掴み、本質に迫り、可能な限り練り上げた対策や施策を出していく経験は、コンサルを目指すのならば、ぜひ積んで欲しい経験です。

でもとりあえず、判例集を買いましょうか。(^^)

経験と知識は車輪の両輪のようなもの。

いつできるかわからない経験を待つよりも、自分でコントロールできる判例集の購入から始めましょう。

いいですか?

これを読んだ30分以内に判例集を買ってくださいよ?

うざい?

いえ、とても重要なのです。

同じことを伝えても、10人のうち行動に移す人は2-3人もいるかどうか。

多くは、方法を知っただけで満足し、実践しません。

ここで判例集を買ったあなたは、人生が変わります。もちろん良いほうへ。

でも買わなかった人もご心配なく。

買わなければ何も変わらないだけです。3年後も、5年後も今のままです。

さてさて、私はいやらしい書き方をしましたね。

でも勉強の仕方って、意外に誰も教えてくれないんですよ。

あとはあなた次第。

プロになる道はお伝えしました。

数年後、すごい人として私に会いに来てくれると夢を見て、本日の話題はお開きといたします。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (