検索
  • 前田智宏

単純作業で脳の疲労回復

考える仕事は大好きな私ですが、何時間も集中していると疲れます。


皆さんは疲れません?


好きなことは何時間でも・・・と思いたいですが、私は年齢のせいか疲れます。

頭の芯がジーンとしびれたような感覚で、そのまま眠れば心地よいのですがなかなかそうもできません。


そんなときは、単純作業をするに限ります。


郵便物の宛名を書く資料のホチキス留めをする・・・等なんだか癒やされるんですよ。


私は経営者ですが、会社員だった頃は週に一度くらい、単純作業で疲労回復を図っていましたね。

でも職位が上がるにつれ、そういう作業は部下に奪われてしまったので、プロジェクトノートを手書きで清書してみたり、万年筆の掃除をしたり。


きっと「上司、ヒマなんだな。」と思われたことでしょう。


忙しいの!笑


18時に帰るために、必死で仕事をしてたんだから。

どうでもいいような事をしている時は、脳の疲労回復をしていたんですよ。これがPCで動画を見るとかで時間を過ごしても、疲労回復にならないのが不思議です。

手を動かす単純作業が頭の疲労回復には良いようです。


#経営者#手書き#仕事術#疲れ

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (