検索
  • 前田智宏

問題社員の扱い方 ②

問題社員の扱い方 ②




問題社員シリース 第二弾です。

「あいつはまったく…」

と言われがちな問題社員ですが、実はそれなりに「できるやつ」も混じっています。


では、何が問題なのでしょう?


 ・考えの伝え方が下手

 ・空気を読まずに意見を言う

 ・周囲のレベルが追いついていない

 ・正論だけを言い過ぎる


いろいろありますね。

本人の責任や資質もありますし、職場の環境もあるでしょう。


でも、その人の仕事のパフォーマンスを正しく評価できていますか?

少し嫌なヤツだったり、部下に少し嫌われているとか、そちらに多く目が向いていませんか?

もちろん、それがどうでも良いとまで言いません。


しかし、仕事は結果。

任務を遂行しているかどうかを無視しているケースを目にすることも多いですよ。


仕事は

「役割を正しく演じているか」

なのです。


問題社員が、本当に会社にとって困った存在なのかは、クールな目で再評価をしてみることが大切です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (