検索
  • 前田智宏

多重人格者になろう

とは言え、病名の話ではなく、ストレスの話です。


仕事でのストレス、家庭でのストレス、コミュニティでのストレス…数え切れないほどさまざまな「場」でストレスはありますね。


働いていると、仕事のストレスも小さくはありません。

が、仕事のストレスに関して言えば、ストレスは私は感じなくなりました。

正確には存在するのでしょうが、数年前から無視できるくらい小さくなりました。

もちろんストレスが溜まることもありません。なぜか?仕事用の人格を切り離したからです。


仕事は舞台と同じ。ならば自分も役者、相手も役者。それぞれの「役」を演じているのだ、と。


許すとか、イヤだとか感じなくなりました。そういう役を演じている人なのだから、仕方ないよね。まさに人格の分離です。笑


違う人格を演じているのだから、それに一喜一憂しなくてもいい。

仕事用の人格出現!バーにいるときの人格出現!家庭での人格出現!

くるくると変わります。意識しなくても、多くの人がそうだと思いますが私は、仕事用だけは意識して人格を切り替えています。そうすれば、自分の本体は傷つかない & ストレスがそもそも発生しない


最初はうまくできませんが、慣れてくると瞬時にできるようになります。ただ欠点が一つ。自分に悪意を持って攻撃を仕掛ける相手には、私がストレスを感じないことが相手をより燃え上がらせます。(経験者談)


#仕事術#仕事のストレス#多重人格

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (