検索
  • 前田智宏

嫌われ者は意外に貴重でっせ

こんにちは。

なぜか関西人風に登場の株式会社チームグリーン 前田です。

職場に、仕事ができるけれど嫌われている人っていたりしませんか?

「居なくなればいいのに…。」

なんて声も聞こえてくることさえあります。

でもたくさんの組織を見てきた私からすると、ほとんどの場合は嫌われ者が居なくなったあとは、業績や効率が下がるか、別の嫌われ者が生まれたりしています

結局、本当は組織がうまく機能していないんです。

だから嫌われ者が必要で、そこに生まれる不満が結果的にパワーとして作用しているだけなのです。

嫌われ者が消えたら、仕事の成果が増加するのか。

その答えは“NO”です。

嫌われ者を悪者扱いする前に、その組織運営はしっかりできているのかを確認するべきです。意外に、組織の長に原因があるケースが多いですよ。

私自身が多くの組織を見てきて結果ですから、組織の長に誰を選ぶのかの一助として記事を書いてみました。

リクエストが有れば、また言及いたしますね。

それでは、良い一週間をお過ごしください。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (