top of page
検索
  • 執筆者の写真前田智宏

定年という概念の崩壊

定年までコツコツと働くモデルは、企業側の希望でもあり、しかし実現できるとは限らないもの。


ゴールまで辿り着けないかも知れない人生ゲームのようなもの。


バブル崩壊後の中高年を見てしまった人達に、終身雇用の概念は通用しないし、信用されない。


それよりも、精一杯育てて力をつけさせ、他社でも十分にやっていけるようにするのが会社の責任というものだ。


社員は自社のことだけ分かっていれば良い、と考えている企業は、これからは発展しない。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page