検索
  • 前田智宏

愛社精神? 難しいことを言いなさる…


株式会社チームグリーン 前田です。

「愛社精神」 あるいは 「帰属意識」 という単語、無意識に使っていませんか?


あ、決して悪いものではないんです。

私も会社員時代はありましたよ。(正確には愛着心だったと思いますが)

ただ、それを就活中の学生や新人に対して使うとなると、


「ブブーッ!(ブザー音のつもり)」


と言わざるを得ません。



シャンプーにたとえるなら、新製品を買う前からファンになることはありませんし、ましてや店頭でパッケージを見ただけで

「ぜったい長く使う!」

なんて有りえませんよね。


会社も同じです。

「入社に対する熱意」

は求めても良いのですが、お見合いの段階で

「愛しているか」

は難しい。


でも意外にも面接後の合否判定の際、この点にこだわる方が多いです。


会社が愛してくれるように努力してこそ、成り立つ言葉です。

「愛社精神」

を呪文のように、理屈を超越するものとして使っては逆効果です。


「キミには愛社精神がないのか?」

そう言う場面はどんな状況ですか?

職務上の必要性は全くないんですよね。


往々にして、会社や自分たちの至らなさを覆い隠すために使う言葉です。

ましてや新卒や新人には、意味不明の言葉になってしまいます。


採用担当者や人事スタッフ、他の社員からにじみ出る、会社や仕事に対する熱い思い。

それこそが新人や新卒の心を動かします。


会社が社員を愛する気持ちは、仕事の中で育むものと心得ましょう。


#新卒 #人事 #経営者 #採用 #愛社精神 #人事部 #人事課 #人事制度

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (