検索
  • 前田智宏

昇進しないと得られないもの

さて、今回は

組織で上にあがると見えるもの

についてお話します。

「昇進・昇格?興味ないよ。」

はい、こういう方も増えている現代社会ですね。


昇進すれば給与も権限も増え、そのかわり責任も重くなる。

それはイヤだ。


それはそれで良いと思います。

ただ、いつまでも作業員レベルで留まった場合、得られないものも確実にあります。

お金や地位などは特に問題ありません。

しかし組織の上にあがって決定的に違うのは、

情報の質と量

です。


実務者には実務者用の情報が来る。

管理職には管理職レベルの情報が来る。

課長には課長レベルの、取締役には取締役に適した情報が集まるのです。


組織の上にいるほど、会社の中からも、外からもレベルの高い情報が集まります。

この差は大きい。

すべての情報は、すべて自分の糧となります。


考え方、判断、戦略、そして自分自身の成長の糧となるのです。

私自身、組織で30年近く働き、その差をしっかり見てきました。

情報レベルの低いことが、どれだけマイナスになるのかを。

昇進を地位や金銭だけの獲得手段だと思っている方、違いますよ。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (