検索
  • 前田智宏

辞める社員は敵じゃない

はいっ、おはようございます!

株式会社チームグリーン 前田智宏です。

月曜日の朝、楽しく仕事を始められたでしょうか?

今日のテーマは

「退職する社員の扱い方」

とでも言いましょうか。

そんなお話です~。

社員からの退職の申し出は、とても残念なことです。

しかし、社員自身の人生の選択を無理に変えることもできませんね。

でも退職の意志表示がされてからが、とても大切なのですよ。

会社によっては、

「辞める奴は『敵』」

みたいな扱いをする場合があります。

役員や上司が冷たくなったりとか、悪口を言い始めたり、連絡事項を回さなくなったりとか。

これ、絶対にやってはいけません。

理由は2つあります。

① 退職したあとは、お客様

② 退職するのだから怖いもの無し

どうですか?

感の良い人なら、もうお分かりですね。

① 退職したあとは、お客様

そうなんです。退職後は、あなたの会社のスポークスマンとして働いてくれるのです。

直接のお客様になることもあるでしょうし、紹介をいただくこともあるでしょう。

あるいは、転職サイトなどに会社の評判を書く立場になるわけです。

「あの会社にいたんでしょう?息子が受けるらしいけど、どう思う?」

なんて、近所の人から聞かれるかもしれませんね。

会社が嫌で辞めるなら仕方がありませんが、退職理由はそれぞれ違いますから

会社は好きだというケースもあるでしょう。(私もそうでした)

ただ、もし退職の意志表示から退職日までに会社が「敵」みたいな扱いをすると、簡単に印象は悪くなります。

そして退職日以降は、まさに会社の「敵」としての働きをすることになります。

これは勿体ない。

と言うか、まずい。

外部の強い味方になるはずが、内情を知り尽くした手強い敵を作ってしまうのです。

これが1つ目の理由です。

② 退職するのだから怖いもの無し

こちらは、ケースバイケースです。

会社によっては、労基法への適合が遅れ、残業代の未払いがあるとか、

軽い怪我を労災として報告してなかったり、あるいは隠したい情報が

あるかも知れません。

退職者がそれらをネットに書き込んだり、あるいは内部告発者に

なってしまったりすることも珍しくありません。

まして、会社を嫌いで、しかも騒ぎになる頃には自分はいない、となれば

何の遠慮もいりません。やる気になったら、やられます。

これが2つ目の理由です。

でもやはり、①が重要ですね。

心理としては分からなくもないのです。

仲間が去っていくときに、自分たちが捨てられたような気になったり

裏切られたような気になる人もいるでしょう。

でも、心を広く持ってください。

組織を離れても、自分たちの応援団でいてくれたら、どんなにか良いでしょう。

現実には、退職者は必ず出ます。

その人達を大切に最後まで仲間として扱うだけで、会社の将来が

変わるものと思ってください。

会社の文化ですから、定着させるには経営者の態度が重要ですよ。




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (