検索
  • 前田智宏

過去に給与を払わないでね

給与制度もプロフェッショナルの株式会社チームグリーンです

実は、

「とても理解できるけれど、やっちゃダメ」

なことがあるんです。

それは

「過去の頑張りに高い給与を払うこと」

です。

過去、すごく実績も上げて頑張ってくれた。

その功績で職位も上がったけれど、今となっては特段の目立つ働きもなく、なんとなく部長でいるだけ・・・

そんな状況って、意外に多くないですか?

この状態って、

「過去の一時期の頑張りに対して、ずっと高額な報酬を払い続けている」

ということなんです。

もちろん、その人が今も活躍してくれているなら何の問題もありませんが、そうでなければ要注意。

ムダな人件費を払い続けていますよ。

考え方

過去の頑張りには、その時の給与・ボーナスで報いている

そうお考えください。

若い時に薄給で激務をこなし、中高年になったら楽な仕事で高給をもらう日本型モデルは、すでに終わっています。

今の頑張りには、いま報いる。

過去の頑張りは、過去に精算済み。

そう考えないと、今後の給与制度は破綻します。

心配ありません。

若い人たちは既にそういう考え方に変化済みです。

あとは企業側が変化するだけ。

中小企業も同じです。

必要ならお手伝いします。

株式会社チームグリーン 前田智宏




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (