検索
  • 前田智宏

酔っぱらい


今夜は真面目なことは書きません。

午前中は全力投球の研修講師をしてきました。

愛知県の事業で「就職氷河期世代の就職支援講座」の講師をしています。

病のため職を離れざるを得なかった方、新しい生活のために就職を考える方、或いは失望とともに解雇された方もいたかも知れません。


でも、魔法をかけておきました。

なりたい自分になり、生きたいように生きられる魔法を。

絶対に大丈夫。

いつの日にか、輝く自分に会えるはず。


絶望とは、希望を失うことだ。

希望とは、自分の心に火を灯すことだ。


ならば、希望とは自分自身の存在だ。


生きている限り、前を向くのも後ろを向くのも自分次第。


せっかくなら命を燃やして生きていたい。


今夜はラムをストレート🥃で頂いています。

酔うとね、思考のタガが外れます。

思考のタガも、自分で作り出したもの。


自分で自分を縛る必要は無いじゃないか。

その呪縛から離れるために、たまには酔ってみるのも面白い。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (