検索
  • 前田智宏

靴、磨いていますか?

今日は靴磨きの話です~。


「靴はいつも磨いておきなさい。」

社会人になった時、誰かに言われませんでしたか?

私も言われていましたが、若い頃は無頓着でした。

もちろん汚れた靴はNGなので、若い頃は少しくすんできた頃に「塗るだけ」で靴が黒くなるワックス?を塗っていました。

ただこの10年、役職が上がったり人前に経つことが増えるにつれて、身だしなみも気になり始めました。

なぜなら、自分が他人の身だしなみを見るようになったから。

靴やスーツ、かばんなどを見て、信用できるかどうかを見るようになりました。

もちろん、高級品を持っているから良いとかではありません。

安いものでも、キチンと手入れされているか。

だらしない雰囲気を出していないか。

リュック型のバッグで来たりしていないか。

人前に立つということについて意識できる人は、仕事もきちんと意識しているように感じるのです。

その点で、靴はごまかしが効きません。

磨かなければ、あっという間に汚れ、くすみ、だらしない雰囲気になります。

他人のことはともかく、少なくとも自分の靴はしっかり磨いておかないと、人前に立つときに気になるようになりました。

おそらく世の経営者の多くは同じ視点を持っています。

身なりがビジネスのツールであることを知っているから。

だから自分の前に立つ人の身なりも、一瞬で頭から爪先まで見ています。

気が抜けませんね。(^^)

できることなら靴磨きは、塗って磨くタイプの靴墨を使っていただきたい。

コロンブスでもサフィールでもお好みで。

塗るだけでOKのものより磨くプロセスが増えるので手間ですが、それ以上の安心感がありますよ。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (