検索
  • 前田智宏

靴だよ、靴

そろそろ仕事初めですね。

単刀直入に言います。

「靴を磨いてください」

靴を磨いたらどうなるの?

どうもなりません。

何も起きません。

しかし、汚れた靴は確実にあなたの印象を悪くします。

いつも履いている靴は、ある日突然に汚れるわけではありません。

毎日、すこーしずつ汚れていきます。

試しに、靴売り場で新品の靴と、履いている靴を並べて見てください

どうですか?

意外にみすぼらしく見えませんか?

もちろん履いていれば歩きかたによって特有のシワもできますし、傷もできます。

それは構いません。

でも全体的に、ヨレッとした印象を受けませんか?

それがあなた自身の印象です。

何年も履いた靴でも、きちんと磨いてあれば履き古した靴もみすぼらしくありません。

ツヤがあり、汚れはなく、傷はあってもシャキッとした印象であれば、それはあなた自身の印象です。

私は専門家ではないので理由は分かりませんが、靴がキレイな人はビジネスでは好印象になります。

四の五の言わず、まずは靴を磨いて初出社すること!(^^)




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (