検索
  • 前田智宏

飲みに行くならバーに行け

はい、本日は「自分の育て方」の巻です。


皆さんは飲みたい気分の時とき、どこに飲みに行きますか?

居酒屋?あるいは女性がいるお店?または立ち飲み屋?


まぁ、仲間とワイワイしたいなら居酒屋やアイリッシュパブなどがいいかも知れませんね。


でも自分を育てる飲み方があります。


それは、バーです。

ガールズバーとかじゃなくて、分類から言うとオーセンティックバーです。



それも一人で行っていただきたい。


理由は、それなりのレベルの人が飲みに来ているから。


良い場所には良いお酒と、良い人、良いオーラがあります。

そこに身を置くことで、そのオーラは自分にも入ってきます。


居酒屋をディスっているのでも、男性なら、女性と飲む楽しさを否定もしていません。


しかし、自分磨きには何の材料にもなりません。


自分を磨いてくれるのは、自分です。

自分を育てるのも、くすませるのも自分です。


生きたいように生きる為に、力をつける事が必要です。


だから、5000円を持ってバーに行ってみて下さい。


探偵はバーに居る、ならぬ、人事コンサルはバーにいるを気取って書いていますが、身をもって体験してきた真実です。


騙されたと思って、10回通ってみましょう。


あなた自身が変わります。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人事評価制度の作りかた

人事評価制度は、以下のような順序で作ります ① 新制度のコンセプトを決める ◆ 社員がわかりやすい制度にしたい ◆ 社員が成長する制度にしたい ◆ 人事課がなくても運用できる、シンプルな制度にしたい など、いくつでも “人事制度に求めるもの” を出してください。 ② コンセプト実現のための方策を考える ③ 新しい制度の運用の課題を抽出する ④ 課題の解決案を決める ⑤ 運用のためのツールを作る (