検索
  • 前田智宏

仕事術 ~たわけ者!社長のNOは通過点~


はい、株式会社チームグリーンの前田です。

また変なことを言い出しましたね、私。

でも大切な秘訣ですから、ちょっとだけ頭の片隅に置いてもらうと良い情報です。


職位が上がるにつれて、経営陣に対して提案や意見を上げる機会が増えていきます。

しかしスムースに通っていくのは10件のうち、1件。多くて2件。


ここからが出世するか、しないかの分かれ道です。


経営者の「NO!」は、だいたい次の3パターンによります。


① 計画や意見に重大な欠陥がある

② 経営者の想像を超える事のため、精神的に拒否反応が出る

③ 社員には言えない、または言いたくない理由がある


とは言え、なぜダメなのかを言ってくれるなら良いのですが、一言のもとに撥ね付けられることもありますよね。

でも諦めずに4回トライしてください。


  ・欠陥や未計画の点があれば修正する

  ・関係者に根回しをして他方面からもアプローチをしておく


などは、必ずしておいてくださいね。


さて実況中継です。


1回めトライ

「なに!そんなものダメだ!」


2回めトライ

「だめだって言っただろ?なに?改善した?資料?読む時間が無い。」


3回めトライ

「しつこいなー。他の役員はどう言ってるんだ?」


4回目トライ

「なに?まだやってなかったのか!スピードが命だぞ。早くやらんか!」



言葉は多少違っても、こんなパターンで企画や意見が通っていくんです。

(もちろん100%ではないですよ)

でも1回目から4回目のアプローチ、必要な改善以外は何もしていないですよね。


なぜ企画が通るのか分かりますか?


キーワードは

社長の消化力

ですよ。


人間ですからね、

ビジネス書にあるような、理想的な対応が常にできる社長などいません。


自分の中で消化し、GOサインを出す理由付けと判断には時間がかかるのです。

その時間が1回目から4回目のアプローチの時間なのです。


もしも1回目の「NO」で諦めてしまったら、二度と企画は社長の頭には浮かびません。

「判断済」

のスタンプが押され、忘却の彼方へ去ってしまうのです。


もし思い出して、やはり良い企画だと思い直しても

「でも、厳しく『NO』って言っちゃったしな…」

となり、もう一度社員からアプローチしてくるのを待つパターンもあるでしょう


だから画像に出した

「たわけ者!」

は、社長の実際の声でもあり、1回で諦めてしまった社員への社長の心の声でもあります。


一回のNOで諦めようとする自分を見つけたら、

「たわけ者!」

と自分自身に向かって叱ってください。


道はひらけます



**番外編**


え?お前の会社員時代はどうだったかって?

私自身は自分の企画や意見は通したい。

何もせずに何事もなく定年を迎えるなんて、まっぴら御免という性格でしたので憎まれもしましたが、結果は出してきました。

もちろん失敗もありましたが、、、笑



チームグリーン 前田智宏


#経営者 #トライ #社長の心 #仕事術 #たわけ者

0回の閲覧0件のコメント

© 2018 by 株式会社チームグリーン